バリューサーバーの無料SSL化

バリューサーバー無料SSL化

SSL化を推奨するアルゴリズム導入をGoogleが公式発表しました。

2018年初頭ではSSLを実装・非実装で大きな順位変動はないですがSSL化は今後の必須条件となるでしょう!

さてバリューサーバーはSSLを実装する方法の設置メモです。

プラン「エコ」でも無料SSLが用意されている

「メニュー」→「ドメインウェブの設定」よりSSL用のドメイン設置欄があります。ここに当該のドメインを設置して「保存」

バリューサーバーのSSL化

「メニュー」→「無料SSLの設置」を選択すると上記で設置したドメインが一覧で表示されていますので「チェックを入れて」保存。これでSSLが設置完了です。

SSL実行

今、HTTPで運用しているドメインをSSL化

「メニュー」→「ドメインウェブの設定」でHTTPの通常版で設置しているドメインをSSLの欄に移動させて「保存」ボタンを実行。その後「メニュー」→「無料SSLの設置」でチェックをいれて保存すれば同じようにSSL化できます。

特にディレクトリパスをいじることはありません。

SSL化したら プラグインを設置するのだが・・・

Easy HTTPS Redirection

バリューサーバーに関してはSSL化をすると自動的にリダイレクトするようです。

ですのでプラグインは不要です。

SSLプラグインが必要なケース

バリューサーバーで運用しているドメインは自動でリダイクレトしSSLのURLに変更されますが、私が運用しているドメインでSSLに自動リダイクレトしないものがありましたので「Easy HTTPS (SSL) Redirection」を紹介します。

もし自動でSSLのURLにならない場合は試してください。

「Easy HTTPS (SSL) Redirection」プラグインでインストール後、有効化してください。以下のようにチェックしてください。

Easy HTTPS (SSL) Redirectionの設定

Enable automatic redirection to the “HTTPS”…httpからhttpsにリダイレクトを有効化
Force resources to use HTTPS…画像のリンクを強制的にhttpsでロードするのを有効化

次にページ指定です
The whole domain…サイト全体に適用
A few pages…一部指定ページのみ

.htaccessファイルを編集します。

バリューサーバーの管理画面で「メニュー」→「FTP」→「ファイルマネージャー」の順にクリックし進めていくとサーバー内のファイルを直接変種ができます。

ファイルマネージャーにログインしたら「public_html」→「該当ドメイン」

ファイルの一覧に「.htaccess」というファイルを探してください。

htaccessを編集 プラグインの設定

この2行をコピーして「.htaccess」にペースト

# BEGIN HTTPS Redirection Plugin
# END HTTPS Redirection Plugin

 

htaccess編集

これで完了

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バリューサーバーにドメイン設置

Value-Server(バリューサーバー)にドメインを同期する

インストール後にやること1

wordpress インストール後にすること

ランキングサイト

Wordpressをランキングサイトに登録する

thk-analytics

ワードプレスに相性が良いアクセスログはこれ

http://blogrank.toremaga.com/